千田瓦工事店の屋根修理・瓦工事の施工事例

Works
施工事例

宇都宮市にて 棟瓦積み替え工事

2021年4月14日

先日、宇都宮市にて行った瓦屋根の棟積み替え工事の様子をお届けいたします。

 

棟瓦(むねがわら)とは、屋根の最上部にあたる瓦と瓦が交わる箇所にある、のし瓦とのし瓦を積んだ部分です。

地震で崩れやすく、また雨漏りもしやすい個所です。今回のような棟瓦の積み替え工事とは、

崩れたり割れたりした棟瓦を新しく積み替える工事のこと。
棟を解体し、なんばん・しっくい工事をして、必要な瓦は新しいものに交換し、あらためて棟を積みます。

 

<施工前の様子>

棟瓦のズレや、屋根材の破損が見られます。漆喰もひび割れなどがあり傷んでいるため、補修が必要です。

瓦は、石灰が主な成分となる粘土上の材料である漆喰を使って固定されることが多いですが、

この漆喰は10年程でひび割れや崩れが発生することがあります。

漆喰は、瓦と瓦の隙間を埋めるように詰めてあるため、写真のようにひび割れや崩れが出てくると

雨水が侵入して雨漏りしてしまうことも。

そのため、粘土瓦そのものは30年以上の耐久力があると言われていますが

瓦を支える漆喰部分を健康に保つためにも、定期的なメンテナンスが大切になります。

 

<施工の様子>

 

<施工後の様子>

 

棟瓦の方も綺麗に積み替え、漆喰も塗り替えて綺麗に補修ができました。

 

棟瓦の最大の役割は雨漏りの防止です。

瓦屋根の頂上部である棟は、屋根の結合部分のため雨の影響を受けやすくなっています。

棟瓦を施工することで、棟に降ってきた雨を受け流し、棟の下地に雨が侵入することを防いでいるのです。

また、のし瓦の間にある漆喰が劣化して剥がれてしまうと、のし瓦がズレてしまったり

劣化した漆喰の隙間から雨水が侵入して雨漏りの原因に。

棟瓦の劣化を放置してしまうと、容易に雨漏りを引き起こしてしまうのです。

更に下地まで腐食してしまうと屋根自体の交換が必要になるため、高額な工事費用がかかってしまうことに…

はやめはやめのメンテナンスをしてあげることが、大事なお住いの寿命を長持ちさせる秘訣ですね。

 

引き続き、作業の様子をお届けいたします。

 

 

 

 

 

現地調査・お見積もりは無料!!

『千田瓦工事店』は栃木県鹿沼市を中心に県内全域で日々高品質な屋根修理・瓦工事を行なっています!
現地調査とお見積りは無料となっております!
お問い合わせはメール、またはフリーダイヤルが便利でございます。
まずはお気軽にご相談ください!!